名糖産業株式会社

  • サイトマップ
  • サイト内検索

お問い合わせ

ものづくりへの取り組み

名糖ブランドとしての誇り

少子高齢化や流通再編に伴う市場の変化に対応した商品ラインナップの充実。そして消費者の健康志向や様々なニーズに合わせた商品開発にも取り組んでいます。安全で高品質な商品を提供することはもちろん、企業行動憲章に則った、「信頼できる名糖ブランド」を自信を持ってお届けします。

名糖産業グループ企業行動憲章

商品開発への取り組み

心のこもった菓子・食品を

食品開発部では、トレンドの情報収集から始まり、市場調査、企画、試作、製造工程確認、品質管理、パッケージデザイン、販売支援施策まで。
商品が発想されてから誕生に至るまでの業務を担当しています。

社外アンケートによる意見抽出や、ダイレクトに届くお客様相談係へのお声も、お客様のニーズを把握する貴重な情報源です。
こうして幾度もディスカッションを重ねて生まれた商品には、心のこもったメッセージが込められています。

心のこもった菓子・食品を

世界から注目される、化成品開発力

当社は食品の製造はもちろん、医薬品や医療用具、化粧品等の原料、その他化成品の製造を行うことで、経営理念である「おいしさ」「たのしさ」「健康」を追求すべく、食品分野にとどまらない幅広い研究開発を実施しています。

長年培った経験に加え、弛まぬ技術向上、あらゆる側面からの開発努力を行うことで、高品質な製品をお客様にお届けしたい、そのような考えのもと、新技術を取り入れた画期的な製品の開発と、既存品の安全性を保ったまま付加価値を高める研究の2つのバランスを保ちながら、積極的な研究開発に努めています。

名古屋研究所は糖質化学技術をベースとしたファインケミカル分野、東京研究所は醗酵技術をベースとしたバイオサイエンス分野の研究開発を担当しています。両研究所から産み出された製品の幾つかは世界からも注目されており、また当社しか製造できない希少なものもあります。この両研究所の持つコアテクノロジーを様々な産業分野で応用・活用できるようにするため、産官学の連携も含め、新しい価値や用途を創造する研究開発を進めています。

薬品部門
肝臓癌診断用のMRI造影剤「リゾビスト」の原薬(製品名:フェルカルボトラン)を始めとする「デキストランマグネタイト」の品質と特性が国内外の多くの研究者から注目されており、乳癌転移検出用の医療機器での応用や、新たな磁性粒子撮像法での使用など、他機関・企業と用途拡大を目指した共同開発・研究を推進しています。
また、医薬品等の原料となる「デキストラン」及び、その誘導体などの既存製品についても、化粧品素材や臨床検査用試薬等の分野でのニーズをふまえて製品ラインを拡充し、新たな用途開拓を実施しています。

薬品部門

酵素部門
主力製品であるチーズ用凝乳酵素「レンネット」と脂肪分解酵素「リパーゼ」類について、酵素性能の向上およびニーズに応じた性質への改良を中心とした研究開発を進めています。
「レンネット」は、チーズの品質向上を目的として開発した次世代製品が海外でも高く評価されています。「リパーゼ」類は、医薬品、食品、化学と各分野で多様な用途があり、その用途を更に拡大するために酵素の安定性の改善や、より効率的な工場生産のための技術開発にも力を入れています。

酵素部門

独自の技術と設備

当社の5工場はそれぞれ立地する地域社会と密着し、生産品目に独自の個性を発揮しながら生産を進めています。
5工場を共通して貫いているのは、マシン(装置)・マン(人間)・マテリアル(原料)という3つの基本を重視していること。すなわち、他社が追随できない製品をつくる独自の高度な設備と、その設備とデータを活かす技量を持った人材、そして高品質を保証する原料の確保です。これらをベースに、研究開発・営業との連携を深め、同じ製品でももっと高品質へとつねに技術力向上をはかっています。

名古屋工場

名古屋工場
食品部門の基幹工場。カカオ豆のローストから加工・最終商品まで一貫生産できる独自の技術と設備を備え、ロングセラーの「アルファベットチョコレート」、エアインチョコレートの「ぷくぷくたい」など、ニーズに合わせた多彩なチョコレートを生産。また、キャンディは、個包装された袋商品が主力。2018年下期からはチョコレート設備を順次新工場(瀬戸市)へと移設する予定です。

枇杷島工場

枇杷島工場
日本で初めて粉末オレンジジュースをつくり、まったく新しい世界を開拓した粉末飲料の基幹工場として、「レモンティー」、「ロイヤルミルクティー」、「レモネードC500」、「ミルクココア」など多品種の粉末飲料を生産しています。また隣接する名古屋研究所では、原薬「デキストラン・マグネタイト」、「デキストラン硫酸」などを製造しています。

福岡工場

福岡工場
西日本地域をカバーするお菓子・食品の拠点工場です。春夏期はアイスクリーム、秋冬期はチョコレートや粉末飲料を生産するなど、需要期にあった合理的な生産体制で稼働しています。また、近年はプライベートブランド製造の伸長に加え、アイスクリームなどの季節商品も年間を通して需要が増え、通年の多品種生産にも大きな力を発揮しています。

小牧工場

小牧工場
当社食品工場の生産効率を図るため包装工程の一部を集約した工場です。
主要ラインは、「スティックメイト」など粉末飲料のスティックタイプを生産する包装ラインです。また、輸出向けの酵素商品や家畜の成育を改善する飼料「ヘルシーフレンド」を生産しています。
本工場では、環境保全・省資源・省エネルギーに配慮して太陽光発電設備を導入しています。

八王子工場

八王子工場
微生物を用いた独自の醗酵技術で多糖類の「デキストラン」や酵素の「レンネット」「リパーゼ」等を製造しています。これらの製品は直接消費者の皆様の目に触れることはありませんが、医療、工業、食品、化粧品、畜産など、私たちの生活に関わる幅広い分野で使われています。また、チーズ用凝乳酵素「レンネット」を初めとして輸出の割合も高く、世界中で愛用されています。2016年に食品安全マネジメントシステムの国際規格であるFSSC22000認証を取得し、より安全でより安心な製品づくりに努めています。

当社のものづくりを、幅広いお客様にお届けする

全国、そして海外のお客様にも

菓子・食品事業部では、北海道から九州まで各地に営業拠点を設置し、全国販売網を確立しています。営業拠点では市場ニーズを収集するマーケティングからデータ作成、卸問屋やスーパー、コンビニエンスストアなど流通業界との商談、そして販売計画の立案から迅速な納品手配まで、多彩な業務を展開しています。

化成品事業部では、醗酵や糖質化学の技術で得られた当社の多様な製品が、幅広い分野の製造メーカーに原料として提供されています。そのため医療、工業、食品、化粧品、畜産など、各界のお客様と一体となって、より良い開発と応用のご提案で皆様のお役に立つことを使命としています。最先端情報の収集、的確な市場ニーズに対する敏感な反応、開発段階での技術サポートなど、専門知識と技術力を兼ね備えた営業活動が当社の誇りです。

当社製品の品質に対する海外からの信頼性も増しており、諸外国への輸出も順調で業績に大きく貢献しています。

今後はさらに新しい販売ルートを開拓し、「アルファベットチョコレート」「レモンティー」「レンネット」などに次ぐヒット商品を生み出し、更なるブランドに育てあげることを使命と考えています。

安全・安心への取り組み

何よりも安全・安心な製品を安定して供給するために。
「おいしさ」「たの-しさ」「健康」を追及する当社のさまざまな取り組みをご紹介します。

安全・安心への取り組み